2010年04月29日

ドキュメント第55次大阪訪問記録

0700 起床
0715 着替え
0745 官邸発
0831 出社(遅延1分)
1548 上司より、入電「今から岡山に行けるか検討せよ」
1548 即答「行けます」
1600 外出準備、経路確認「全日空便にて岡山空港着、現地要員と接触の上、書類を受領し、至急新幹線で東京まで折り返せ」
1605 上司から出発指示「とりあえず羽田に向かえ。変更の可能性有り」
1607 職場発
1625 田端付近にて上司より入電「行き先変更、新大阪に向かえ。新幹線で行け」
1638 東京駅着
1647 のぞみ383 新大阪行乗車
1715 UPFG関西支社管内に対し、緊急招集発令
1925 新大阪駅到着
1935 現地要員と接触、物資受領
1945 いのおか氏(UPFG関西)と会談
2000 のぞみ84 東京行にて離阪。滞在時間35分
2212 レム氏より、神田にて会談申し入れ
2233 東京駅着、現地要員と接触。書類を引渡し。
2300 東京駅発、神田駅へ
2310 神田珈琲館にてレム氏、makino氏と会談
2330 散会、官邸へ。

総評:滞在時間35分は、過去の大阪訪問の中でも短い部類に入る。しかし東村首相の通常の行動パターンからすると何らおかしい点はない。東京到着後に会談が入ることは予期し得ないものであったが、貴重な機会であった。
posted by 東村氏 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148132905
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。