2010年04月29日

ドキュメント第55次大阪訪問記録

0700 起床
0715 着替え
0745 官邸発
0831 出社(遅延1分)
1548 上司より、入電「今から岡山に行けるか検討せよ」
1548 即答「行けます」
1600 外出準備、経路確認「全日空便にて岡山空港着、現地要員と接触の上、書類を受領し、至急新幹線で東京まで折り返せ」
1605 上司から出発指示「とりあえず羽田に向かえ。変更の可能性有り」
1607 職場発
1625 田端付近にて上司より入電「行き先変更、新大阪に向かえ。新幹線で行け」
1638 東京駅着
1647 のぞみ383 新大阪行乗車
1715 UPFG関西支社管内に対し、緊急招集発令
1925 新大阪駅到着
1935 現地要員と接触、物資受領
1945 いのおか氏(UPFG関西)と会談
2000 のぞみ84 東京行にて離阪。滞在時間35分
2212 レム氏より、神田にて会談申し入れ
2233 東京駅着、現地要員と接触。書類を引渡し。
2300 東京駅発、神田駅へ
2310 神田珈琲館にてレム氏、makino氏と会談
2330 散会、官邸へ。

総評:滞在時間35分は、過去の大阪訪問の中でも短い部類に入る。しかし東村首相の通常の行動パターンからすると何らおかしい点はない。東京到着後に会談が入ることは予期し得ないものであったが、貴重な機会であった。
posted by 東村氏 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

ランニングコストは、機械を維持するために必要なコストというのは判っているんだけど、出来るなら安く抑えたいよねってことを感じた出来事。特にランニングコストが本体価格を上回るとなんか損した気分にならない?

ガシムスポイラー 東村文花帖 さんの発言:
*腑に落ちないことがあるんだ

metal1917 さんの発言:
*なんだい

ガシムスポイラー 東村文花帖 さんの発言:
*どうして38000円で買ったプリンターに、15000円の両面印刷ユニットと1500円のメモリを刺した上に70000円するトナーを買わないといけないんだい?

metal1917 さんの発言:
*だからレーザーはランニングコストが高いといっただろう

ガシムスポイラー 東村文花帖 さんの発言:
*この金額あれば、もう1つレーザーが買える!

metal1917 さんの発言:
*まあ安く済ませるなら
*本体を売って新しい本体を買うんだ

ガシムスポイラー 東村文花帖 さんの発言:
*でも新しい本体でもトナーは同じくらいかかるんじゃねーの?

metal1917 さんの発言:
*ハハハ
*新しい本体のトナーを買うときになったら
*またそれを売って新しい本体を買えばいいじゃないか
*トナーより安い

ガシムスポイラー 東村文花帖 さんの発言:
*なるほどお前頭いいな


metal1917> http://twitter.com/metal1917
ガシムスポイラー 東村文花帖> http://twitter.com/upfg

posted by 東村氏 at 17:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

東村イゼーション

民主党の大躍進を受け、今月16日にも鳩山内閣が発足する方向が固まりつつある中で、ポスト鳩山として待望論が上昇しつつある東村氏のたぐいまれなる影響力についての研究を行った。
その結果、東村氏が提唱するUPFGなる組織の存在と各個人の意識が大きく関わっていることが発見された。
この意識の変遷を東村イゼーションと名付け、内容を検討したい。



1 東村氏という名を聞いたことがある
2 東村氏の名刺を貰う 
3 秋葉原大学という単語が脳裏に残る
4 UPFGという単語が脳裏に残る
5 秋葉原大学の刊行物を入手する
6 東村の顔を覚える
7 UPFGというものが組織だと気づく
8 官邸でお茶を飲む
9 UPFGの支店として認定される
10 UPFGという組織についておぼろげながらに理解する
11 UPFGの一員としての自分に戸惑いを覚える
12 UPFGの各種作業に無理矢理参加させられる
13 UPFGの一員としてなじむ
14 UPFGの各種作業に率先して参加する
15 自己紹介するときにUPFG○○支店の者ですと言うまでになる


この通り15段階を経て、哀れれな子羊は東村氏の魔の手に取り込まれてしまうのだ。

この先は思いつかないので以上で終わる。
現行で忙しいのです。

posted by 東村氏 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

政府公式発表

09年5月14日発表  内 閣

1.PC建造について
2004年4月に竣工した旧メインPCは、マザーボードからヒートシンクが落下するという障害が発生し、引退とする。
代替として、新メインPCの導入を閣議決定すると同時に、UPFG情報部門の協力を得、後継機の仕様を決定すると同時に、建造を実施し、去る5月10日より運用を開始した。
本障害のため、5月上旬のイベントあわせ新刊はやむなく落とした。



2.第44次大阪訪問について
大宇宙拡大大帝国の情勢を鑑み、催行を決定する。


以上
posted by 東村氏 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

東村ラジヲ再開のお知らせ

東村ラジヲが昨年夏以来の放送を行います。
今回は、メインパーソナリティとしてクインテッサ氏(緋燕白昼夢/みすてりあすりっと)と二人でオールナイト修羅場生中継を官邸よりお送りします。

放送時間は23:59〜
もちろん放送前の仮放送と反省会も行う予定

ネトラジで"東村"で検索願いたく。



さて、これが月1程度の定期放送となりうるかどうかが焦点
posted by 東村氏 at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

東村氏に人道支援

連邦政府の中央銀行たる日本橋銀行は、東村氏に対する人道的支援の結果、財務状況が好転したと発表した。
posted by 東村氏 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

東方ブームと例大祭決算

どうも最近同人専売店に足を運ぶと、「東方」の同人誌ばかりが目に付く。
先日、私が関わったうらプリ-UraraComplete-を買いに出かけたが一向に見つからない。店の中でも最も目立つ平台が、悉く「東方」で埋め尽くされ、他のジャンルの本の在り処など全く分からないくらいである。

東方projectがヲタクの間でよく人気のあることは充分に承知している。
しかしだ、誰も彼もが今や東方ジャンルに身を埋め、私自身名前をよく知っている諸サークルは挙って博麗神社例大祭に参加しているという。
どうも一時の流行に乗せられているような気がして、比較的東方から一歩離れたところにいた私ではあったが、ここまで騒ぎが大きくなると多少なりとも興味が湧いてくる。

色々と調べてみると、東方とは相当大きな流れのようだ。かつて月姫が大きな人気を集めた時期があったが、今の東方は当時の規模を遥かに凌駕するほどの勢いを秘めており、オンリーイベントでビッグサイトが埋まるほどだという。

ここまで大きな規模になり、猫も杓子も東方という現状は、ある意味ではとても異常なことではないだろうか?
世界経済でも問題となっているグローバリズム化の流れは、同人界においても同じである。原作となる作品数が増えているにも関わらず大手サークルは軒並み東方ジャンルに流入し、一極集中の現象がおきつつあるのだ。同人専売店のラインナップを見てほしい。東方となのは、インデックスそしてかんなぎくらいしか目に付かないではないか。

こういった時代だからこそ、私はあえて東方から一歩離れた場所から冷静にこの現象を見守りたいと思うのだ。
秋葉原大学という研究機関の一員として東方に過度に染まることなく、冷静な目線を保ち続けたい。



最後に参考までに私の博麗神社例大祭6における成果を読者諸氏にご紹介しよう。

●収蔵の部
購入同人誌
111冊(うち5冊は挨拶時に譲渡)

購入CD/DVD
35枚

書店補充分同人誌2冊CD4枚含む

推定総経費100000円



●頒布の部
例大祭6新刊「季刊東方経済」
表紙カラー、本文モノクロ 全28P B5版

共同出展
NT氏製作「秘封るる部」
雨虎氏著「幻想万華鏡」


なお、今後は東方紅楼夢への参加及び新刊の作成が年次計画の中で予定されている。
また10月下旬に行われる風神録オンリーイベント(長野県岡谷市)にも参加を行う。

別に私がさほど東方にはまっているわけではないという事が、数字やイベントの頻度からもよく理解できることだろう。
posted by 東村氏 at 00:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

The communication.

伊東 さんの発言:
もしもし

東村@例大祭さ33b◆締切☆午後9時Don't be late さんの発言:
東村氏は只今留守にしております

東村@例大祭さ33b◆締切☆午後9時Don't be late さんの発言:
発信音の後にピーというメッセージをどうぞ

伊東 さんの発言:
ピー
posted by 東村氏 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

聞いてアロエリーナ

聞いてアロエリーナ ちょっと言いにくいんだけど♪
聞いてアロエリーナ♪

また携帯電話なくした。

聞いてくれてあーりがと アロエリーナ♪
\______ ________/
          |/
         ∧_∧
   Ψ     (∀・  )
   □     (∩∩  )


※ 昨年元旦以来1年1ヶ月ぶり二度目の快挙
posted by 東村氏 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

東村氏新年一般参賀

萎えましておめでとうございます。








コミケで本買いすぎて、ごらんの有様だよ!!







(AA略)








posted by 東村氏 at 02:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

コミックマーケットC75確定情報速報

08.12.30 コミックマーケット75 3日目 西 と 21 a 秋葉原大学

概 要
新刊:秋葉原大学萌事論文集C75号 200円
収録記事:萌えの高度成長を紐解く〜近代葉鍵史〜
収録資料:日本M@D史

既刊:秋葉原大学萌事論文集RG3号 200円
秋葉原大学萌事論文集C74号 200円
萌例タイムスC73号 200円

委託品新刊:秘封るる部 京都Plus諏訪 400円
関連記事:東方的聖地ガイド〜秘封るる部
概要: 東方Project研究本の皮をかぶった 京都本
その他:東村准教授寄稿記事掲載

委託品既刊:日鉱佐賀関線廃線跡写真集 500円
関連記事:紹介ページ

08.12.23 冬コミ新刊は 3日目 西 と21b 萌学協会und東京大学メイド研究会 様にて委託頒布します 関連記事:プレスリリース
posted by 東村氏 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

東村首相の致命的失政、内閣不信任案提出へ

本日東村首相は、公務の為 乗車中の車内にて定期券を落とした。
有効期限は、来年6月まで。

野党は事態を重視し、内閣不信任案を提出した。
しかしコミケの新刊が既に印刷済みであるなどの状況を評価した野党第二党過労働党が与党に同調した為、否決された。


政府談話
クロスシートの車輌に乗りたい。
posted by 東村氏 at 00:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

Merry Christmas Mr.Higashimura

そんなことよりもちょっと聞いてくれ>>1よ。
あんま、このスレとは関係ないんだけどさ……

そんなことを言い合っていたのは、もう遙かに昔のことだ。
今でもこの季節になると思い出す懐かしい記憶。
さほど重要ではないことが、絶対的だと無邪気に信じていた頃。

僕には、決して忘れることの出来ないことがある。



近所の吉野家が150円引きセールをやっていた。
普段は吉野家に目も向けないような人々が、僅かな金を惜しんで吉野家に集まっている。僕はそんな人混みの中で、必至に牛丼を食べようとした。
押し寄せる人波は、店の席を埋め尽くしている。家族と共に吉野家を訪れた父親が特盛りを頼み、いつもの吉野家が全然違う場所に見えた。

Uのシルエットを描く吉野家特有のテーブルの向かいに座った人と、ささいな理由で喧嘩したのは一体いつのことだっただろうか。
あの今にも刃物が抜かれそうな緊迫した雰囲気は、確かに息苦しいが、心の奥のどこかでそんな吉野家が好きな自分がいた。

さんざん待たされて、ようやく席につく。
隣にはうだつのあがらなさそうな青年が猫背になって座っていた。
「あ、あ、あ、あの……大盛り…つゆだくで……」

まるでコンプレックスの固まりのような青年が、裏メニューの存在を知っている自分に酔っているかのように得意げな、しかしどもりながら、表情で店員にオーダーを告げる。
そんな彼は、きっと「つゆだくで」と言ってみたかったのだろう。他の人と違う自信を吉野家の裏メニューという狭い場でしか持てないかれは、そのとても小さなアイディンティティを必至に守る為、大勢の前でつゆだくという言葉を口にした。
それはきっと、とても勇気のいることで、小さな彼にとって大きな一歩なのかもしれない。

だが……君は本当につゆだくが食べたいのかい?

思わず問いかけそうになり、自分を押さえ込んだ。


だがつゆだくなんてものは最早廃れてしまっている。
吉野家に通じた僕たちの間では、ねぎだくを頼むのがちょっとしたはやりになっている。
ねぎだくというのは、肉を少なくした代わりに葱が多めにはいるというものだ。これに玉子をつけると、それは何にも代え難いご馳走になる。
中には気取ってギョクなんて呼ぶ人もいるけど、それは松屋のしきたりだ。

だけどねぎだくなんて頼む人は、なかなかいないから、間違いなく頼んだら店員に目を付けられてしまう。
今日、この店に始めてきた人なんかには、荷が重すぎるオーダーだろう。

そんなに危ない橋を渡るくらいなら、牛鮭定食あたりから入ればいいんじゃないかな、そんなことを思っているうちに、注文した牛丼が運ばれて来た。



2003年のクリスマスイブの夜。
僕は吉野家にいた。


次々と入れ替わる客。
後ろに座った若い男が「すいません、お茶キボンヌ!」と店員を呼びつけていた。



あれから5年後、今日も私は吉野家に行く。
もうねぎだくは頼めないけど、大盛り牛丼に玉子をつけて。

あのときと変わらない牛丼の味が、僕にクリスマスを実感させてくれた。





戦場のメリーヒガシムラ  完


posted by 東村氏 at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

東方今津線 〜Hankyu of Faith.

自分用メモ

宝塚ファンに叱られるから
宝塚南口の河童
神々が恋した逆瀬川
小林の墓場
少女が見た仁川の原風景
神さびた甲東園
門戸厄神様の通り道


封印されし北口


ハンシンフェイス
明日ハレの日、ケの今津


注釈:東村首相は、先週金曜日に古書店にて阪急電車(有川浩)を購入した。


解説:これはNT氏(かんたんのゆめ)が例大祭で出す新作CDの内容が流出したものである。


詳細:門戸厄神あたりから思いついたらしい
posted by 東村氏 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

現実は厳しい

もう疲れたので、実家に帰ります。
今までのご愛顧に感謝します。



東村 光
posted by 東村氏 at 06:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

遺言状

東村氏の生命保険加入を記念し、ここに遺言状を定める。


1.葬儀について
東村氏の葬儀は、東京国際展示場にて行われる。通夜及び告別式の会場として、西4ホールを指定する。



2.葬儀委員会の設置
東村氏の葬式の実施にあたり、葬儀委員会を組織する。葬儀委員会は、UPFG各支店長の指定する人物による葬儀委員により構成され、その役割及び責任に応じて、以下の八階級に区分される。なおこの区分は、遺産相続の取り分とリンクする。准喪主以上は管理職とする。

階級   定員   主な役職
喪主監  1   葬儀委員長
喪主正  2   葬儀副委員長
喪 主  4   本部長
准喪主      各本部の幹部
喪主補 各本部の構成員
喪士長 通夜・告別式に参加する参列者
喪 士 告別式に参加する参列者
喪士補   香典を出す参列者



3.葬儀委員会の構成
葬儀委員会は喪主監たる葬儀委員長を長とし、本葬における全ての責任を担う。
喪主正たる式次第を担当する葬儀副委員長及び事務を担当する葬儀副委員長を置き、葬儀委員長の補佐とする。

実働部隊として、葬儀委員会の内部に以下の本部を設置する。本部長は喪主を以てあたる。

儀典本部:葬式の運営及び埋葬事務
経理本部:香典管理及び遺産処理
逓信本部:葬式の告知及び参列者関係への各種手配、広報など
総務本部:各種事務処理

各本部の幹部は、喪主補の中から選出する



4.読経について
読経は、初音ミク乃至鏡音リンレンによるものを用いる。オケの有無については、儀典本部長に一任する。ディレイラマの使用はコーラスに限定する。5.1ch対応の読経が望ましい。



5.出棺について
出棺時は棺に伝票を付与する。伝票は単身パックのものとし、荷送り人は東村本人、荷届け先は博麗神社とする。
出棺時は西4ホールよりスロープを行進し、ビッグサイトから退場する。
なお、出棺時には、JR東日本の発車メロディを流した上で、葬列を進行させること。出棺時のBGMについては電波ソングに限定する。



6.遺産の配分について
東村氏の保有する資料は、その価値を認める者が責任を持って保管を行うか、国立国会図書館へ寄贈するものとする。特に同人誌についてはUPFG各支店長会議にて協議を行うこと
東村氏の保有する鉄道・航空等関係資産については、UPFG神戸・大分に処理の全権を委任する。
東村氏の財産は、葬儀委員の裁量による骨肉の争いの具として提供する。但し、東京ビッグサイトへの支払いを行った上での残余分を奪い合うこと。
パソコンのハードディスクは速やかに破壊すること。黒歴史の流出は避けること。
なお資料については、むやみな消失を避ける為、棺桶に入れることを禁じる(但し重複保有する資料についてはこの限りではない)



7.香典について
香典については、会場・葬式費の支払いに充当し、その残余は葬儀委員の血で血を洗う争奪戦により、分配される。香典返しは、経費節約の観点から、不慮の事故により香典返しの中止を通達する告示の郵送を以て代える。香典の持ち逃げと言われても、東村本人にが死んでいる以上、特にデメリットは生じないので、問題はないと認識する。なお参列者には豪勢な香典返しを期待させるような広報を積極的に行うこと。



8.墓地などについて
東村氏は幻想郷へ旅だったのであり、現世に未練はないことから、墓標等は特に設置する必要を認めない。また東村氏の存在は黒歴史である為、その痕跡についても速やかに消去すること。



9.UPFGについて
UPFGは、葬儀後に東村清算事業団に改組の上、必要な財産の処理の終了を以て解散する。秋葉原大学等の各種ブランド名については承継希望者に譲渡する。



参考資料

式次第案

開会の辞
葬儀委員長挨拶
葬儀副委員長挨拶
入棺(BGM:ATOS接近音)
読経(BGM例:エージェント夜を行く)
弔辞
弔電
読経(初音ミク)
焼香
一般焼香
お別れの儀(棺桶に単身パックの伝票を貼る)
被葬者挨拶
出棺準備(JR東日本発車メロディ)
出棺(BGM例:魔理沙は大変なものを盗んでいきました)



解説

この葬儀のコンセプトは、葬式とは人生に於ける最後のネタを披露する場であるとの認識に基づき、やりたい放題の葬式を行うものである。
また死んでいる以上如何なる非難を浴び、信用の失墜を招き、さらに後ろ指を指されようとも、痛くも痒くもない為、後顧の憂いもなく好き放題にネタを展開することが可能となるのである。
また東村氏の悪趣味な性格を反映し骨肉の争いが出来るだけ誘発されるように仕組まれている。また借金をしてでも旅行や同人に金をつぎ込む点も反映し、禄な遺産を残さずに生命保険すら使い果たし、香典をあてにした葬儀を行うことを前提とした遺言状となっている。
posted by 東村氏 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

UPFGリニューアル

(各位)

毎々お世話になっております。
表記の案件について、ウェブの更新を実施したく。


−以上−

http://upfg.lullsound.com/
posted by 東村氏 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

コミケ前日速報

秋葉原大学頒布物速報

コミックマーケットC74 8月17日(3日目) 西な10a 「秋葉原大学」

新刊
秋葉原大学萌事論文集C74号

・次元論
・同人センサス技法 を収録。表紙フルカラー B5版24P 頒価200円

コミケ新刊
泥水でも飲んでろ −東村光短編小説集 80部持ち込み
文庫版 44P 関西コミティア出展作品

既刊
萌例タイムズC71〜73号


以上
posted by 東村氏 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

死にたい

人はいつか死を迎える。
それは決して逃れることの出来ないものである。
寿命は、自分の意志と無関係に定められ、唯一、その時期を早めることによってのみ抗うことが出来るのだろう。

なぜ人は死にたいと思うのか?
それは、精神の安定を欠くからだ。
例えば何気ない一言や、不意に日常のある部分を失ってしまうだけで簡単に起こりうるのである。

かく言う私もまた同様である。
日々の流れの中で、不意に自らの立つ位置に疑問を持ち、精神が許容できないとき、死にたいと思うことなど幾らでもあるのだ。

生きるということは、時には残酷さを伴うこともある。
死にたいと思うことは、決して間違いではない。
生きることに疲れたのであれば、死にたいと思っても構わないのだ。
だからこそ、私は死にたいと思うことを止めやしない。
むしろ死にたいと思うべきなのだ。

そんな私から、読者諸氏へのささやかな贈り物がある。
ぜひこの動画を見て欲しい。
そして死にたくなって欲しい。



※ ニコニコ動画のアカウントは無料で取得できます。






さぁ、これで諸君も死にたくなったことだろう。



もっと死にたいと感じるために。
posted by 東村氏 at 21:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

五月蠅き隣人

帝都にある帝國大學に進んでから、早くも二ヶ月もの時間が過ぎやうとしてゐる。
我が輩は本郷からほど近い、まるで長屋のやうな下宿−アパアトメントなどと言ふらしい−の2階に棲んでいる。部屋の中は畳が四畳と半分、それに珍しくも簡単な水場が付いただけの質素なものであるが、我が輩は此処の住処がそれなりに気に入つてゐた。

ここに住まうやうになつてから、暫くした頃の事で或る。
空き家となつてゐた隣室に、若い男が越してきた。
眼鏡を掛けた随分と神経質そうな男だ。我が輩の第六感が、あまり関わり合ひになるべからずと、警告を発してゐる。
故に我が輩は、この男から極力離れるやうに心がけてゐたのであつた。

程なくして我が輩はうんざりすることとなつたのである。
安普請のベニヤ板からは、隣室の男の発する音が子細残さず漏れてくる。
その癖、我が輩が少しでも大きな音を発すると、どんゞゝとまるで気違いのやうに壁を叩くので或る。
我が輩は閉口した。


この神経質な男は、全く以て気が違つてゐるとしか思へないので或る。
朝は、怪しげな大音響の蓄音の音から始まる。
「ふぅ」やら「ほぅ」やら「身体が自然に動いちゃうんだ」といつた歌詞ともつかないやうな言葉が、様々な音楽に合わせて垂れ流されてゐるのである。
数日後、朝に流るゝ音楽は、ひたすら奇声を叫ぶもに変わつた。かろうじて「タピオカ☆パン」という単語だけが聞き取れる。
週が明けると、今度は「頭がパーン」という狂ったような叫びが繰り返されてゐる。
我が輩はもう限界だ。

男の家の表札には「東村」とあった。

ドカッ!バキッ!我が輩は戦死した。スイーツ(笑
posted by 東村氏 at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。