2006年03月12日

6. 新潟→秋田→宮古

0451新潟着。
5分の待ち合わせで普通列車の村上行きに。
127系6連、オールロングシーと萎える。
村上で10分の待ち合わせで酒田行きに乗換。
全線電化区間だが、キハ47-40-40の3連でボックスシートに陣取る。
うひょい。
日本海の荒波を眺めながら北へ北へと移動する。
坂田で1時間30分ほど待つ。
山形県を制覇。
未踏県はあと和歌山と沖縄を残すのみ。
今度は秋田行き
既に交流区間に入り、車両は701系だ。
またロングシートかと萎えながら東北へ。
秋田到着。
街の中を散策するがすぐに飽きる。
何もないぞ。

3時間待機。
昼食買ったり何だかんだで、時間は消費された。
次は別料金を支払って秋田新幹線に乗ってみる。
まぁ普段はこのあたりの新幹線に乗る機会もないし……
こまち24号で仙台まで約1時間30分。
さすがに快適だが、標準機在来線の悲しさか、速度はそんなに速くない印象。
1600盛岡着、1630発。
乗り換えた山田線の宮古行きは思いがけずキハ52の単行だった。
驚いて思わずNT氏にメールを送ると返事があった。

あやまれっ
常磐線でE531系から103系や403系に乗り換えている人にあやまれっ



どうみても国鉄型です。
本当にありがとうございました。


1851宮古着。
札幌でお世話になったY氏と合流、同日はY氏宅に泊めて貰う。
Y氏の奥さんが盛大なご馳走を用意していてくれた。
ちょwwwwww三陸スゴスwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ありえないくらいに美味しい。
感動した。

その後、Y氏と様々な話題で話しつつ、0000就寝。

以上
posted by 東村氏 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 外遊記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。