2006年03月25日

君に読んで貰いたいブログの姿

さて、一般的にブログをやる上で重要なことは、その読者をどのような層に設定するかと言うことである。
あまりに身内ネタを多用するするような場合は、ひっそりと知ってる人だけ見てもらえればいいだろうし、逆に自分の考え方を広く知ってもらいたい場合は様々な手段を通じて、アクセス数を増やし、どんな人にでも読んでもらう努力をすればよいのだろう。
 この読者層の設定というのは表から捉えれば、今述べたような読んで貰いたい層の設定と言うことであるが、逆に取ると、それは読んで貰いたくない層の設定とも言えるだろう。
 例えば良くあるのが職場の同僚にだけは読まれたくないというケース。
不用意に読まれることで、周りに自分がヲタだと知られてしまう事をおそれている人は多いはずだ。
同様にリアル知人にだけは知られたくないという人も多いだろう。
自分の書いた文章を知ってる人に読まれると言うことはこの上ない恥辱だと考えている人も多い。
 考えてみて欲しい。
幾ら自分で書いた文章だからといって
『みさくらなんこつが凄い!しゅごい!!しゅぎょしゅぎて、ひあわふぇみるきゅがとまらにゃいにょおおおぉぉぉおおおぉぉおおぉおぉぉぉぉぉあ゛み゛ゃ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛〜〜〜〜〜〜〜〜』
みたいなものを公衆の面前で大声で朗読されたら、それはもう戦前戦後を通じた最大規模の国辱を通り越して快感の領域に入ってしまうかも知れない。

※ 東村氏は特殊性癖の持ち主ではありません。


 まぁともかく、ブログというのは読んで貰いたい人がいる反面、逆に読んで貰いたくない人もいるということなのだ。
 さて、私のような趣味前回のブログにとって、読まれたくない人はたくさんいるがその筆頭はもちろん親・家族である。
まぁ、まさか携帯のストラップが何故か東京ミュウミュウだったマイグランドマミーは読んでいないと思うが(そもそもネットに繋がっていないし)実は前からちょっと気になるリモートホストがアクセス解析に引っかかるようになっていたのだ。

……どうみても実家にしか見えないそのリモホであったが、いや、まさか、単に似ているだけだと思って華麗にスルーを今まではしていたのである。

唐突に話は変わるが、昨日、私は東京1600発のNH071で実家のある札幌入りし、明日朝0800発の伊丹行NH772で札幌を出る予定になっているが、ちょっと気になったので親PCをチェックしてみた。



……なんだろう、履歴に残るすごく慣れ親しんだアドレスは。
……なんだろう、ブックマークされたよく知ってるサイト名は。

 これはどう見ても私のサイトじゃないかな?ないかな?
もうオヤシロ様の真っ青の悲劇――いや、惨劇の幕開けである。

 しっかりTokyo ComplexとMSゴシックで、インターネットエクスプローラーの片隅に、記してあるのを私は見た。

 つまり、なんだ。
しっかりと読まれていると言うことかね?
幼女とか妹とか幼馴染みとかメイドとかのアレなワード満載のこのステキテキストが全部読まれていると言うことかね?

それはいくらなんでもあんまりだ。

 これからのTCXはもっと普通に、卑猥なワードを出来るだけ減らして頑張っていきたいと思います。
特に下ネタとかは扱わないように頑張りたいと思います。
posted by 東村氏 at 16:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親にだけは読まれたくないに同意…。
メイドメイド書いてるのがばれたら首を吊るしかない。
東村首相に同情します。
Posted by foursue at 2006年03月25日 17:17
ワラタ
ある意味、親に対する自爆テロだなwwwwww
Posted by ぞら at 2006年03月25日 19:18
>foursue氏
まぁ、うちは実家に隠したエロ本が下宿先に送られるような家だからry

>ぞら氏
それが、UPFGクオリティ。
Posted by 東村氏 at 2006年03月26日 05:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。