2006年07月16日

ダメ人間未満

 一般的なステレオイメージで語られる処のヒキコモリとは、ニートに代表される様にダメ人間の視点から捉えられることが多いだろう。
ではここで、ダメ人間とは具体的にどのようなことをやって日常を過ごしているかということを考えてみよう。

 まず、日常的にアニメやゲームをやり、漫画を読み、起きる時間や寝る時間が世間様で推奨される時間から外れている……
食糧は基本的に調理を必要としないインスタント・レトルト食品であるか、コンビニ弁当などの出来合いの総菜が主となり、飲み物はペットボトルになり、そのゴミが部屋に溜まっている……
基本的に出不精であり、用事がない限りは家から出ない。そして部屋は様々な者で埋め尽くされている……
 ああ、あと強いて付け加えるならインターネット上に仲間がいるというのもあるだろうか?

 おそらく以上は読者諸氏の持つダメ人間の最大公約数的なイメージと多くの部分で重複する物と信じるが、世間様についても同様であろう。
もしくは、読者諸氏の中にもこのような例に該当する人がいるかもしれない。
(具体的には某さわだの人のことである)

 漠然としたやっていそうなことを箇条書きにしてみたが、さてダメ人間のリアルな生活パターンとして、最も時間を使うのはおそらくゲーム・アニメ・マンガの3本柱とインターネットであろう。
 まぁ一部の極めて特殊なダメ人間(愛媛県22歳助教授)は鉄道模型に精を出すのかもしれないが。

 兎角ダメ人間は時間の殆どを画面や紙面に向き合う形で潰しているのである。これは逆に言うと、やることが余りにも無さ過ぎて、現在の社会に溢れているアニメやゲームを大量に摂取することで時間を潰していると言うことでもある。
 睡眠には限界がある。毎日20時間眠ることは生物として不可能であろう。かといって真面目な読書などはかったるくてやる気が当然しない。外に出るのはもってのほかだ。日光を浴びるなど考えるだけでも恐ろしい。
 大抵の場合、ダメ人間自身は低所得者であるので、旅行などの金のかかる遊びはダメ。(だがなぜかコミケになると、どっかから金を作り上京するのであるが)
 他人と遊ぶというのも生活パターン上の時間が異なるので難しい。そもそもオフラインでの友人自体がいない。

 なるほど、こう考えるとアニメやゲームに興じざるを得ないダメ人間という構図が見えてくる。さらに二次元の仮想社会は私の目から見ても魅力的な世界でもある。ある意味、社会的には辛い立場に於かれているダメ人間が二次元に希望を見いだすことに違和感はなく、必然的であるとも言える。

 と、まぁ偉そうに色々と述べてきたわけであるが、私は決してダメ人間を差別する意図でこのようなことを述べたわけではない。
むしろ私自身が典型的なダメ人間であるのだ。
休日は基本的にヒキコモリ、必要最低限しか外出しない。
ここで、私の生活実態を知る人間からは、必要以上に出かけているじゃないか(神戸へ)という人もいるかもしれないが、ここは松山。
生活に必要な同人誌を手に入れる為には瀬戸内海を渡らねばならないのだ。
つまり私の旅行は必要最小限に留められている。

 だがダメ人間の前提となるイメージ像と私の生活パターンはゲームをやる時間、アニメを見る時間が少ないという一点においてのみ異なっている。
 一般的なダメ人間はありあまる時間を(良識という名の錯覚から見て)無駄に潰す為の方策としてアニメ・ゲームに興じるのだが、私はその時間を捻出することが出来ない。
 では、何か社会に貢献できるようなことをやって時間を潰していると見えそうでもあるが、現実には、それ以下にどうでもいいことで時間を潰しているうちに、ついにはエロゲーをやる時間すら確保出来なくなっているのだ。
 なるほど、これはどう見ても、まだアニメやゲームの知識を会得するダメ人間のほうが、私よりも遙かに上位である。

 結論は私はダメ人間にすらなれない社会最底辺に位置すると言うことである。

 私の生活については多数の皆様から改善を行う様に勧告を受けている。
今一度。自分の生活スタイルや社会に対し、どのような役割を担うべきかという事を真剣に考え直し、とりあえず私の生きる希望でもある「涼宮ハルヒの憂鬱」を全話見直すことから生活を立て直し、長らく中断しているねこねこソフトの「サナララ」をクリアし、立派なダメ人間として更正していきたい。


 どうか、これからも、ダメ人間として無限の成長を遂げる私を生暖かい目で見守って欲しいと思う。



posted by 東村氏 at 14:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日光あびるのほんとこわいです。

洗濯干しにいくのも命がけです。

総裁さんよりダメ人間なことをここに誓います!

Posted by るきあ at 2006年07月17日 13:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック