2008年01月07日

国立蔵書庁発足へ

【東京6日】政府は、本年3月を目処に秋葉原大学付属図書館などを母体とする「国立蔵書庁(National Library Agency)」を設置する方針を明らかにした。これは、UPFG全体で収集している資料管理の一元化を行うと同時に、同人活動を行う上で要求される各種資料を円滑に提供できる体制を構築することを目的としている。国立蔵書庁は大英図書館や日本の国立国会図書館に相当する機関として位置づけられる。

(1月7日) [→記事全文]


posted by 東村氏 at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋帝都新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
特殊工作部は図書館に入りますか?
Posted by at 2008年01月07日 02:43
特殊図書部隊ということで
Posted by at 2008年01月07日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。