2005年10月20日

解説『国家非常事態宣言』

 この小説は、事実をもとに構成されたフィクションである。
監督の東村氏は、実際に国家非常事態宣言が発令された松山の街の中を精力的に取材し、この大作を書き上げたものである。

 そもそも内容の解説の前この作品のモデルとなった事件の紹介をしよう。
この『国家非常事態宣言』は、2005年10月に起きた事件である。(参考資料
あるブログの持主の、眼鏡が壊れ「国家非常事態宣言」が発令された。
これは12時間後には回避された訳だが、果たしてその裏で何が起こっていたのか。
この作品は真実を雄弁に語っている。


 兎に角、この作品は限りなくノンフィクションに近いフィクションであるのだ。
これからの東村作品に期待したい。
(文芸評論家・秋葉原大学教授 鳩宇 聡)


関連:デポットとは?







STAFF




監 督
東村 光



脚 本
東村 光




出 演
パムパム君  hanma
Formula  たかし
れだ  SHIOKAZE98
東村 光


拡大大宇宙大帝国絶対永久皇帝




帝国宇宙軍最高司令長官・帝国大元帥(軍曹)





Special Thanks
加藤 聡



製作・著権
(C) UPFG International 2005


posted by 東村氏 at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
( ;∀;) イイハナシダナー
Posted by パ at 2005年10月20日 11:04
次は私も加えてくれ。
Posted by 内藤隼人 at 2005年10月21日 02:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック