2005年10月27日

SWAL

※ 今日の投稿は面白くない。

 さて、JTA(Japan Transocean Airlines)という航空会社がある。
その名は、元々南西航空として沖縄島嶼部をベースに活躍していた日航系の会社である。
なぜ唐突に南西航空について語り出したかというと何のことはない、雑誌で南西航空の写真を見たからである。

 南西航空のオレンジ色のデザインは強烈なインパクトを与えた。
しかしその地域密着型の航空会社故、使用機材は精々BOEING737(130名級)が最大で、主役はYS11(64名)といったところであろう。
 ところろが、南西航空がJTAに名前が変わる直前に、JALのBOING767を南西航空のフルカラーで使っていた時期があった。
僅か10ヶ月程度のことであったが、当時購読していた専門誌に写真が掲載されたときに私は大層驚いたものであった。

 なんとなく、南西航空について話してみたかったので、他には何もない。
posted by 東村氏 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック