2008年05月18日

関西コミティア32 委託参加のお知らせ

秋葉原大学は、2008年5月25日に開催される創作マンガ同人誌展示即売会「関西コミティア32」にサークル委託参加します。
はいから亭 様への委託による頒布となりますのでご注意下さい。
なお、東村本人は、欠席致します。

頒布予定物
新 刊
東村光短編小説集 「泥水でも飲んでろ」(表紙カラー 文庫版40P コピー本 頒価 200円 会場持ち込み数量10部)
2008年5月11日 春の文学フリマ2008新刊

概 要
Tolyo CompleXに、掲載された東村准教授執筆による小説本です。ウェブ公開版を元に、表現・内容の修正を行ったものとなっております。なお書き下ろし作品及び表題作については収録されていないので、ご注意下さい。なお、東京地区での次回頒布はコミックマーケットを予定しています。
なお早期の入手を希望される方は、通信販売をご利用下さい。



会場案内
期日:2008年5月25日11:30〜15:30
会場: OMMビル(大阪マーチャンダイズ・マート) 2階A・Bホール
イベント:関西コミティア32
スペース:E-20
委託先:はいから亭

以 上


posted by 東村氏 at 13:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

Little "T" Star! 新刊のお知らせ

おはようございます。今日も朝みっくされたので、今から自宅警備のお仕事です。


さて秋葉原大学は、2008年5月5日に開催される交通系オンリー同人即売会「Little ”T" Star!」にサークル参加します。
かんたんのゆめ様に委託する形での頒布となりますのでご注意下さい。

頒布予定物
新 刊
東洋帝都新聞縮刷版(価格未定)

新刊概要

秋葉原大学が、過去に発行した鉄道ネタペーパー「東洋帝都新聞」に、新作ネタを加えた形で再配布致します。鉄道・交通関係の記事のみとなりますのでご注意下さい。

既 刊 
萌学A改訂版(300円)
萌例タイムズ71〜73号(各200円)
なお、萌例タイムズについては若干数を持ち込みますが、机の上には展示致しません。希望される方は、お手数ですが直接口頭にてお申し付け下さい。


会場案内
期日:2008年5月5日11:00〜15:00
会場:都立産業貿易センター浜松町館2階
スペース:ウグイス5-b
時間:11:00〜15:00・アフターイベントあり
カタログ:サークル・一般全員購入制…300円
委託先:かんたんのゆめ(UPFG大分)

posted by 東村氏 at 06:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

東京ヲ稱シテ東村市ト爲スノ詔書

詔書

朕今萬機ヲ親裁シ億兆ヲ綏撫ス 東京ハ東國第一ノ大鎭四方輻湊ノ地宜シク親臨以テ其政ヲ視ルヘシ 因テ自今東京ヲ稱シテ東村市トセン 是朕ノ現実妄想二次元三次元同視スル所以ナリ 衆庶此意ヲ體セヨ


補足
UPFG厚木支店内設置の東京支社を廃止
UPFG松山支店の開設及び四国支社の設置
UPFG丸亀支店の開設
UPFG郡山支店の開設(旧郡山支店は矢吹支店と改称の上、南東北支社は存置)
UPFG京都山崎支店の開設
UPFG金沢支店及び北陸支社の閉鎖
UPFG広島竹原支店の閉鎖
UPFG西宮甲東園支店の開設(神戸西宮支店は存置)



官邸は25日付で閉鎖。31日まで官邸機能はUPFG本店へ。


以上




posted by 東村氏 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

4月以降の諸変更について

【政府発表】
UPFG並びに連邦政府は、2008年4月1日より、以下の変更を実施する。


1.商工省の分離
商工省は、工業省と経済省に分離する。

2.逓信省における新技術の導入
逓信省は、2007年度重点導入技術であったCSSの初歩導入に成功した。2008年度においては、出版活動の活性化の為に、新たにイラストレーター製版技術の導入を重点的に実施する。

3.国立蔵書庁の発足
既報の通り、資料収集諸機関を統合の上、国立蔵書庁を発足させる。
統合対象機関は以下の通り。

・文部省蔵書局
・同人企画庁蔵書部
・萌務省萌研局付属資料部
・鉄道省史料局(運輸省資料分室併設)
・国立秋葉原大学付属図書館
・国立東京萌科大学付属図書館
・国立日本橋大学付属図書館
・国立守口葉鍵大学付属図書館
・東村市立中央図書館
・東村市立大学付属図書館

また、UPFGにおける関係資料の収集事業の開始及び、UPFG頒布刊行物の国立国会図書館(日本・東京)への納本の実施を行う。
この蔵書庁発足により、政府所蔵資料の体系化及び有効活用を実施する体制の確立を目指す。
なお、一部資料については放棄を実施する。

4.地理情報の収集強化
政府は、第一期地理情報収集計画の満了に伴い、国内主要政令市における地理情報の取得に成功した。2008年度は、台北、香港両市における地理情報の直接収集体制の確立を目指す

5.同人企画庁の機能強化
同人企画庁は、現在年2回の刊行ペースを倍増し、新たに運輸関係書籍の刊行を実施する。

6.秋葉原大学の機能強化
秋葉原大学は、UPFGの主要産業である萌えについての基礎研究体制を確立する為、秋葉原大学の組織化及び関係諸機関との連携を推進する。

7.外交関係の効率化
従来の外交関係における重要関係諸国との国交を一層緊密にすると共に外交関係の見直しを行い、外交資源の再集約を実施する。なお2008年度に置いても外交拡大方針は堅持する。


以上
posted by 東村氏 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする