2008年06月16日

五月蠅き隣人

帝都にある帝國大學に進んでから、早くも二ヶ月もの時間が過ぎやうとしてゐる。
我が輩は本郷からほど近い、まるで長屋のやうな下宿−アパアトメントなどと言ふらしい−の2階に棲んでいる。部屋の中は畳が四畳と半分、それに珍しくも簡単な水場が付いただけの質素なものであるが、我が輩は此処の住処がそれなりに気に入つてゐた。

ここに住まうやうになつてから、暫くした頃の事で或る。
空き家となつてゐた隣室に、若い男が越してきた。
眼鏡を掛けた随分と神経質そうな男だ。我が輩の第六感が、あまり関わり合ひになるべからずと、警告を発してゐる。
故に我が輩は、この男から極力離れるやうに心がけてゐたのであつた。

程なくして我が輩はうんざりすることとなつたのである。
安普請のベニヤ板からは、隣室の男の発する音が子細残さず漏れてくる。
その癖、我が輩が少しでも大きな音を発すると、どんゞゝとまるで気違いのやうに壁を叩くので或る。
我が輩は閉口した。


この神経質な男は、全く以て気が違つてゐるとしか思へないので或る。
朝は、怪しげな大音響の蓄音の音から始まる。
「ふぅ」やら「ほぅ」やら「身体が自然に動いちゃうんだ」といつた歌詞ともつかないやうな言葉が、様々な音楽に合わせて垂れ流されてゐるのである。
数日後、朝に流るゝ音楽は、ひたすら奇声を叫ぶもに変わつた。かろうじて「タピオカ☆パン」という単語だけが聞き取れる。
週が明けると、今度は「頭がパーン」という狂ったような叫びが繰り返されてゐる。
我が輩はもう限界だ。

男の家の表札には「東村」とあった。

ドカッ!バキッ!我が輩は戦死した。スイーツ(笑


posted by 東村氏 at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

東村氏が修羅場入り−気象台発表

【東京11日】中央気象台は、コミケ当落の発表に伴い東村氏の新刊発行に向けたモチベーションの向上と原稿を落とす気運が高まりつつあることを受け、「東村氏が修羅場入りとみられる」と発表した。東村氏の修羅場入りは平年よりも47日程度早く、昨年より52日早くなっている。なお修羅場はコミックマーケット当日の17日頃まで続く見通しで、この間東村氏は過酷な体力勝負を強いられることとなる。





posted by 東村氏 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋帝都新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

コミックマーケット74参加のお知らせ

秋葉原大学は、2008年8月15-17日に開催される「コミックマーケット74」の3日目にサークル参加します。
なお、東村本人は良化特務機関の公務として、有害図書の検閲を行うため、退席している場合があります。

頒布予定物
新 刊
秋葉原大学萌事論文集(萌集) 200円
23歳のハローワーク 頒価未定

新刊概要
萌例タイムズの流れをくむ秋葉原大学の定期刊行物です。むしろ名前が萌例タイムズC74号になる可能性もあります。中身はいつも通りです。俺まぴょそ執筆依頼済み。

既 刊
東村光短編小説集 泥水でも飲んでろ(新装版) 200円
高等学校 萌学A 改訂版 300円
萌例タイムスC73号 200円
萌例タイムスC72号 200円
萌例タイムスC71号 200円
「ルンデス 」大全 300円

※頒布予定物は落ちる変更となる可能性がかなりあります。



会場案内
期日:2008年8月15日〜17日

会場: 東京国際展示場(東京ビッグサイト)

イベント:コミックマーケット74
posted by 東村氏 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 総務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

同人サークルの定義

秋葉原大学では、夏コミの新刊に置いて同人論を扱うことを予定している(※1)が、議論を展開する前に、そもそも同人サークルとはどのようなものであるのかということを定義したい。
以下の定義は、秋葉原大学の監督官庁たるUPFG連邦政府萌務省による萌務関係用語集(統計調査関係用語)に基づく。


同人活動
年間発行部数が1部以上または同人制作物頒布が過去1回以上あるサークル

※ 年間発行部数は製本部数であり、頒布部数ではない。年間を通じて発行した全ての同人誌の総数を指す。
※ 年間発行部数は、同人制作物として頒布可能な状態に置かれた総数を指す。以下の例示を参考とすること。
イ.同人イベント、同人誌取扱店への委託(ダウンロード販売、通信販売を含む)、個人通販として売り切れるまで販売することの出来る総数は年間発行部数に計上される。
ロ.製本された部数のうち、販売・頒布を目的としないもの(記念本として、サークル構成員のみに限定して配布されたもの等)は、年間発行部数から差し引く。
※ 同人制作物頒布は、同人イベントへのサークル参加を指す。
※ 同人制作物頒布には、同人誌取扱店への委託のみも含む。
(同人誌取扱店への委託は、1種類の同人制作物についての委託の契約の成立を以て1回と計上する。)
(1種類の同人制作物について、複数の頒布方法をまとめて1回の参加と計上する)
※ サークルは個人サークルを含む。


同人作家
年間発行部数が10部以上または同人制作物頒布が一定期間に複数回あるサークル

※ サークル構成員を指す。個人活動は構成員1名の個人サークルと見なす。
※ 同人作家の条件として、活動の継続性を要する。

主業同人
同人所得が主(生活所得の50%以上が同人所得)で、1年間で60日以上同人製作活動に従事している65歳未満の者がいるサークル


準主業同人
同人所得が主で、1年間で60日以上同人製作活動に従事している65歳未満の者がいるサークル

※ 準主業同人は、被扶養家族・仕送りによる生計の維持などを想定する


副業的同人
1年間に60日以上同人製作活動に従事している65歳未満の者がいないサークル

※ 主業同人及び準主業同人以外の同人作家のうち、同人所得以外の所得がある者を指す。


専業同人
サークルの中に兼業従事者が1人もいないサークル


第1種兼業同人
サークルの中に兼業従事者が1人以上おり、かつ同人所得の方が兼業所得よりも多いサークル


第2種兼業同人
サークルの中に兼業従事者が1人以上おり、かつ兼業所得の方が同人所得よりも多いサークル


自給的同人
年間発行部数が2部未満かつ同人制作物頒布を行わないサークル

※ 頒布を目的としない同人活動を行う者。同人活動サークルとしての任意団体を結成するも、実際の活動に至らない者なども含む。


サークル以外の同人活動体
年間発行部数が10部以上または同人制作物頒布が過去1回以上の同人活動を営むサークルに属さない同人作家

※ ゲスト寄稿などにより、主体的に同人生活活動を行わないが、関与する者を想定する。


同人サービスサークル
委託を受けて同人活動を行うサークル

※ 同人活動体を除き、専ら同人制作物の編集及び販売を行うサークルを含む。
※ 売り子や製本要員など、内容に関わらない活動を委託される者を想定する。
※ 同人サークルと同人サービスサークルは実態として、同一の団体を構成することを想定する。



※1 予定は未定
※2 イベント主体としての同人サークル(例:博麗神社例大祭における社務所など)については、本稿では扱わない。
※3 本定義の確立にあたっては、みすてりあすりっと管理人クインテッサ氏の助言を得た。
posted by 東村氏 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする